aga治療薬の副作用とは

男性型脱毛症(aga)は男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロン(DHT)によって起こります。この病気は適切な治療を行えば改善も可能なので、できるだけ早く治療を始めることが重要となります。この病気の治療薬としては、プロペシア・ザガーロ・ミノキシジルの3種類があります。

自分に合った薬を見つけるために、それぞれの効果や副作用を把握しておくことが大切になるので紹介します。

男性型脱毛症(aga)とは

男性に多い脱毛症として挙げられる男性型脱毛症(aga)。その原因は男性ホルモンにあります。男性ホルモンの一種、テストステロンは酵素の一つ5aリダクターゼと結合することで、ジヒドロテストステロン(DHT)に変化します。

このホルモンはやる気向上や体毛の増加に関与しますが、髪の毛に対しては効果が少し異なります。髪の毛の場合、DHTが毛根に関与、髪の毛の成長を阻害してしまいます。すると髪の毛の成長期間が短くなり、細く短い状態でしか成長できなくなってしまうのです。

なおDHTの生成に必要な酵素は、主に頭頂部・側頭部・前頭部に多くあります。そのためagaは頭頂部・側頭部・前頭部から症状が進行することが多いです。そんなagaですが、適切な治療を受けることで症状の進行を抑えることができます。

さらに治療の効果によっては、改善も期待できます。agaの場合、髪の毛の成長はホルモンによって阻害されていますが、毛根そのものは残っています。そのため原因となるものを取り除けば、再び髪の毛が成長する可能性があるのです。

髪の毛の成長を阻害するものを取り除くために、agaの治療の際は主に薬を服用します。agaの治療薬には、プロペシア・ザガーロ・ミノキシジルの3種類があります。

プロペシアの効果

agaの治療薬の一つとして用いられるプロペシア。この薬の有効成分であるフィナステリドには、2型5aリダクターゼの働きを抑える効果があります。5aリダクターゼの働きが抑えられると、テストステロンがジヒドロテストステロンに変化する可能性も少なくなります。

ジヒドロテストステロンの生成が抑制されることで、毛根の働きを阻害する要因を減らすことができるのです。なおプロペシアの効果の持続時間は24時間です。服用を中断してしまうと、十分効果が得られなくなってしまうため、飲み続ける必要があります。

プロペシアの副作用

内服薬の場合、肝臓で代謝される薬が多く、長期間服用していると肝臓に負荷がかかる恐れがあります。プロペシアの有効成分、フィナステリドも肝臓で代謝されます。肝臓に負荷がかかるため、長期間服用すると食欲不振・胃の不快感といった症状が現れます。

またお酒と併用すると、肝臓にかかる負荷が大きくなり、副作用も出やすくなります。プロペシアを服用する際は、お酒は避けるようにします。さらにプロペシアの副作用として、勃起機能障害・精力減退・性欲減退も挙げられます。

プロペシアはDHTの生成を抑える効果があります。しかしDHTには性欲・精力・勃起にも関与しています。プロペシアによってDHTの生成が抑えられることで、これらの機能も低下してしまうのです。勃起が起こりにくくなることから、頻尿も症状として現れることがあります。

ザガーロの効果・副作用

agaの治療薬として新たに開発されたザガーロは、プロペシアと同じく5aリダクターゼの働きを阻害し、DHTの生成を抑える効果が期待できます。ただしザガーロは、プロペシアよりも高い効果が期待できます。プロペシアの場合、働きを阻害するのは2型5aリダクターゼだけです。

一方ザガーロの有効成分、デュタステリドは1型5aリダクターゼの働きも阻害します。

つまりザガーロの方が、よりDHTの生成を阻害することができるのです。ただし、ザガーロの場合、プロペシアと比べて強い効果が期待できる分、副作用も強く出る恐れがあります。勃起機能障害・精力減退・性欲減退といった症状が強く現れる可能性があるため、注意しましょう。

プロペシアとザガーロは女性厳禁

男性ホルモンに働きかけるaga治療薬、プロペシアとザガーロは、いずれも女性厳禁と定められています。DHTは胎児の男性器形成にも関わっているからです。もし妊婦の体内にプロペシアやザガーロの有効成分が入ってしまうと、胎児の男性器の形成が不十分になる可能性があるため、絶対に体内に入らないようにします。

プロペシアやザガーロの有効成分は、皮膚からも吸収されるため、直接触れることも避けましょう。

ミノキシジルの効果

agaの治療薬の一つ、ミノキシジルは元々血圧降下剤として使われており、頭皮の血行を促進する効果が期待できます。頭皮の血行が促進されると、毛根に十分酸素や栄養素が届くようになります。毛根に酸素や栄養素が届くことで、髪の毛の成長も促進されるのです。

なおミノキシジルは血行促進作用があり、内服薬ですと副作用が強く出すぎてしまう恐れがあります。

そのためミノキシジルは主に外用薬で処方されます。

ミノキシジルの副作用

ミノキシジルは血行促進作用があります。血流が促進されることで、皮膚の赤みやかゆみ、めまいといった症状が現れることがあります。また高血圧・心臓病・脳血管疾患などで既に血流・血圧に関与する薬を服用している場合、薬の効果が重なることで副作用が強く出る恐れがあります。

もし血流に関与する薬を飲んでいる場合は、事前に医師に相談してから使用するようにしましょう。

初期脱毛は副作用?

agaの治療薬には、プロペシア・ザガーロ・ミノキシジルの3種類があります。これらの薬を使用し始めると、しばらくの間初期脱毛が副作用として現れます。ただし、初期脱毛が現れたからといって、特に心配する必要はありません。

初期脱毛が見られるということは、効果が出始めているということだからです。aga治療薬を使い始めると、髪の毛の成長が促進され、一度古い毛が抜け落ちていきます。

古い毛が多く抜けるため、一時的に脱毛が多く見られるようになるのです。

しかし古い毛が抜け落ちた後、また新しい毛が生えてきます。新しい毛はヘアサイクルがある程度整った状態なので、十分成長することができます。古い毛が抜けきり、ヘアサイクルが整うと自然に脱毛も少なくなっていきます。

ただし半年以上経過しても脱毛が見られる場合は、一度医師に相談するようにしましょう。

プロペシア・ザガーロとミノキシジルの併用

aga治療薬にはプロペシア・ザガーロ・ミノキシジルの3種類があります。ただしプロペシア・ザガーロとミノキシジルは、脱毛に対する働きかけ方が異なります。プロペシア・ザガーロはDHTの生成を抑制し原因を減らす効果がありますが、ミノキシジルは血行を促進し頭皮環境を整える効果があります。

それぞれ効果が異なるため、併用も可能です。